性器ヘルペスに感染!?感染経路はどこから?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスへの感染が原因となって発症します。では、このウイルスにはどのようなルートで感染してしまうのでしょうか。ここでは、性器ヘルペスの感染経路について詳しく解説します。

主な感染経路はセックス

性器ヘルペスは主に、単純ヘルペスウイルス2型への感染が原因で発症します。そしてこのウイルスへは、患部との直接的・間接的接触によって感染することがわかっています。

そのため性器ヘルペスへは、セックスによる感染が多い傾向にあります。ヘルペスに感染している人とセックスをすることによって性器同士が接触し、そこからウイルスが侵入することによって性器ヘルペスになってしまうというわけですね。

コンドームだけでは防ぎきれない

性感染症を予防するのに効果的な手段の一つである「コンドーム」ですが、性器ヘルペスに関しては、コンドームをつけたとしてもその感染を完全に予防することはできません。というのも性器ヘルペスのウイルスは患部(水ぶくれなど)から大量に放出されているため、例えコンドームをつけていたとしてもウイルスとの接触を完全に防ぐことが難しいのです。
ヘルペスウイルスは症状が治まってしまえば神経節の奥深くに隠れてしまいますので、症状が出ている時はセックスをしないようにしましょう。

オーラルセックスで感染することもある

40304298_s

性器ヘルペスは、口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルス1型への感染によって発症することもあります。そして口唇ヘルペスの原因ウイルスが性器へと感染する原因として最も多いのが、「オーラルセックス」です。

例えば口唇ヘルペスに感染している人とフェラチオやクンニリングスといったオーラルセックスをした場合、口唇やその周りに出てきている単純ヘルペスウイルス1型が性器から侵入・感染して性器ヘルペスになることがあります。

またこれとは反対に、性器ヘルペスに感染している人とオーラルセックスをすることで、口唇やその周りに単純ヘルペスウイルスⅡ型が侵入・感染して口唇ヘルペスになってしまうこともあります。

ということは最悪の場合、
【口唇ヘルペスの人とオーラルセックスをして性器ヘルペスになる】

【パートナーとセックスをして性器ヘルペスをうつしてしまう】

【そのパートナーとオーラルセックスをして口唇ヘルペスにも感染】

なんて最悪の事態に発展する可能性だってあるわけです。

性器ヘルペスや口唇ヘルペスはどちらも“症状がでているときに大量のウイルスが放出される”ことがわかっていますので、ヘルペスの症状が出ている時はセックスやオーラルセックスなどあらゆる性行為を控えることが大切です。

性器ヘルペスは自家感染する!

セックスやオーラルセックスといった性行為によって感染する性器ヘルペスですが、実は他人からだけではなく“自分から自分に”感染することもあります。

例えばあなたが口唇ヘルペスに感染しているとして、患部に触れた手で性器を触ったとします。この手には単純ヘルペスウイルスが大量に付着していますので、これが性器から侵入・感染すると性器ヘルペスになってしまうことがあるのです。

また反対に、性器ヘルペスに触った手で口唇やその周りを触ることによって口唇ヘルペスになってしまうという可能性もあります。

性器ヘルペスは他人からだけでなく自家感染することもある病気ですので、ヘルペスの症状が出ている部分にはできるだけ触れないようにし、もし触れてしまった場合は殺菌作用がある薬用石鹸などを使ってしっかり手を洗っておくようにしましょう。

ウイルスへの間接的な接触にも注意しよう

性器ヘルペスへは、ウイルスとの間接的な接触によって感染することもあります。

シーツやタオルに付着した単純ヘルペスウイルスが性器に侵入・感染することによって性器ヘルペスになってしまうわけですね。そのためご家族に性器ヘルペスの症状が出ている人がいる場合は、タオルやシーツの衛生管理に注意する必要があります。

具体的には、

・タオルやシーツを共有しない
・使用済みのタオルやシーツはすぐに洗濯する
・洗濯後は乾燥機にかけたり天日干ししたりしてウイルスを退治する

といった対策が効果的です。

また性器ヘルペスは口唇ヘルペスから感染することもありますので、ご家族に口唇ヘルペスの症状が出ている人がいるときも、タオル等の管理に気を付ける必要があります。

ヘルペスは「愛のウイルス」と呼ばれることもあるくらい家族間・恋人同士での感染が多いウイルスですので、大切な人に感染させないためにも症状が出ている時は十分注意しましょうね。

まとめ

性器ヘルペスは、セックスやオーラルセックスといった性行為によってはもちろん、タオルやシーツを介して、あるいは自分から自分に感染することもあります。そのためヘルペスの症状が出ている時は患部に触れないようにし、肌に触れるものの衛生管理を徹底することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る