性器ヘルペスはどんな性行為でうつる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスへの接触・感染が原因で発症する病気です。そしてこのウイルスへの主な感染ルートは、”性行為”であることがわかっています。

では、性器ヘルペスに感染する可能性がある性行為とは、具体的にどういったもののことをいうのでしょうか。

性器ヘルペスに感染する性行為:セックス

ヘルペスの原因となる「単純ヘルペスウイルス」は1型と2型の2種類に分けられるのですが、性器ヘルペスは、主に単純ヘルペスウイルス2型への感染が原因となって発症します。
このウイルスへは直接・間接的な接触によって感染するのですが、中でも特に多いのが“性行為による感染”です。そして、その性行為の中でもウイルスに感染する可能性が最も高いのは、やはりセックスであるといえるでしょう。

ヘルペスウイルスを保有している人とのセックスによって性器同士が接触し、そこからウイルスが体内に侵入して性器ヘルペスになってしまうというわけですね。

症状が出ていなくても感染する可能性はある

性器ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスですが、症状が出ていない時は神経節の奥深くに潜んでいます。ただし【症状が出ていない=ウイルスが出てこない】のかというとそういうわけではなく、性器やその周辺に症状が出ていない時もヘルペスウイルスが性器やその周辺に出てくることがあります。
そのためこのタイミングでセックスをすれば、“症状が出ていなくてもヘルペスをうつしてしまう”ということは十分起こり得ます。

性器ヘルペスに感染する性行為:オーラルセックス

性器ヘルペスへは、セックスだけでなくオーラルセックスによって感染することもあります。

というのも性器ヘルペスは、主に口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルス1型に感染することによっても発症することがあります。そのため口唇ヘルペスに感染している人とフェラチオやクンニリングス、リミングといったオーラルセックスをすると、性器にウイルスが感染して性器ヘルペスになってしまう可能性があるのです。

原因となるウイルスの種類こそ違えど、性器ヘルペスは口唇からも感染することがあるというわけですね。ちなみにヘルペスウイルスはヘルペスの症状が出ているとき最も多く分泌されていますので、パートナーに口唇ヘルペスの症状が出ている間は性行為を控えるようにしましょう。

性器ヘルペスは自家感染することもある!

ヘルペスウイルスは、他人にうつるだけではありません。例えばあなたが口唇ヘルペスに感染しているとして、その症状が出ている部分に触れた手で性器を触ると、その手についていたヘルペスウイルスが性器にうつって性器ヘルペスになってしまうことがあるのです。
これは逆もしかりで、性器ヘルペスに感染している人が性器を触った手で口唇に触れても、口唇ヘルペスになってしまう可能性があります。

そのため口唇ヘルペスの症状が出ている時は、患部に触れた手で性器を触らないようにしましょう。どうしても性器に触れたいという場合は、薬用石鹸等を使って手を良く洗い、清潔な状態にしてからにすることが大切です。

またヘルペスウイルスへはタオルやシーツを介して間接的に感染することもありますので、症状が出ている間は肌に触れるものの管理に気を付けるようにしましょう。

まとめ

性器ヘルペスは、セックスやオーラルセックス、自慰行為などありとあらゆる性行為によって感染します。この病気は一度感染すると何度も再発を繰り返すこともありますので、症状が出ている人とは性行為をしないようにするなどしてヘルペスウイルスへの感染を予防しましょう。また疑わしい症状が出ているときは、早めに病院へ行くことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る