口唇ヘルペスの治療薬「バルトレックス」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

口唇ヘルペスの治療に用いられる「バルトレックス」。性器ヘルペスや帯状疱疹の治療に用いられることもあるバルトレックスですが、この治療薬にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、口唇ヘルペスの治療薬「バルトレックス」について詳しく解説します。

バルトレックスの概要について

口唇ヘルペスを発症した場合に病院で処方される薬に、「バルトレックス」という内服薬があります。これはグラクソスミスクライン社から販売されているヘルペス治療薬で、「塩酸バラシクロビル」を主成分としています。

ヘルペスの治療薬にはいくつかの種類がありますが、バルトレックス最大の特徴は「吸収率が高い」という点です。どんなに有効な成分が含まれているお薬でも、その成分の吸収率が悪ければ、本来の効果を得ることができません。
この点、バルトレックスは服用するとその有効成分が素早く体内へと吸収されるため、ヘルペスに対する高い効果が期待できるのです。

バルトレックスの効果について

19606797_s

ヘルペスの治療薬「バルトレックス」ですが、この薬にはどのような効果があるのでしょうか。
バルトレックスの効果としては、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐ、という点が挙げられます。

そもそも口唇ヘルペスは、「単純ヘルペスウイルス」に感染することで発症する疾患です。体内に侵入した単純ヘルペスウイルスが活性化・増殖することで様々な症状が現れるわけですね。
そのため口唇ヘルペスの症状を改善するには、体内の単純ヘルペスウイルスを鎮静化させる必要があります。

そこで登場するのが、バルトレックスです。
体内でウイルスが増殖するにはDNAの複製が行われる必要があるのですが、バルトレックスに配合されている塩酸バラシクロビルには、このDNA複製を阻害する効果があります。DNAの複製ができないということはウイルスが増殖できないということですので、その結果として口唇ヘルペスの症状を軽減することができるのです。

またバルトレックスは、口唇ヘルペスの再発を予防するのにも効果的であると言われています。

バルトレックスの飲み方について

次に、バルトレックスの飲み方についてです。
バルトレックスの服用方法はいたってシンプルで、口唇ヘルペスの治療に用いる場合、朝と夜の1日2回、1錠ずつ服用するだけでかまいません。ちなみに性器ヘルペスの場合も服用方法は同じで、できるだけ早い段階、具体的にはヘルペス発症から5日以内に服用することによってより高い効果を得ることができます。

バルトレックスは帯状疱疹の治療に用いられることもありますが、この場合は朝・昼・夜の1日3回、2錠ずつ服用するのが一般的です。

バルトレックスの副作用について

ウイルスの増殖を抑制し口唇ヘルペスの症状を改善することができるバルトレックスですが、「薬」である以上、副作用が起こる可能性もゼロではありません。では、バルトレックスによる副作用にはどういったものがあるのでしょうか。

バルトレックスの副作用としては、
・胃腸症状
・頭痛
・眠気
が挙げられます。
バルトレックスを服用してから薬の成分が代謝されるまでの過程では、消化器官に多少の負担がかかります。上のような副作用が生じるのは、そのためではないか、と考えられています。

また以下に該当する方は、バルトレックスを服用する間隔を伸ばしたり、薬の服用を慎重に検討したりする必要があります。
・高齢者
・腎臓の機能が悪い人(排泄する機能が弱くなっているため)
・腎臓に何らかの既往症がある

さらにバルトレックスは、胃薬や通風の薬、免疫抑制剤などと同時に服用することで副作用が出やすくなることがあります。そのためこれらの薬を服用している方は、医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

バルトレックスは個人輸入も可能

バルトレックスは医薬品であるため、基本的には病院に行き診察を受けたうえで処方してもらう必要があります。
ただしこのお薬は個人輸入をしたり通信販売で購入したりすることも可能です(個人使用に限る)。

人によっては口唇ヘルペスを1年に何度も再発させてしまうという方もいらっしゃいますので、そういった方は個人輸入等でバルトレックスを入手しておいてもいいかもしれません。
ただし個人の判断でバルトレックスを服用するのは、口唇ヘルペスが“再発”したと確実に判断できる場合のみにしておきましょう。これまで口唇ヘルペスになったことがないという方の場合、その症状はもしかしたら、口唇ヘルペスによるものではない可能性があります。
そういった場合に自己判断でバルトレックスを服用すると、症状を悪化させてしまうことがあるのです。
バルトレックスは基本的に病院で処方してもらい、口唇ヘルペスが再発した場合でどうしても病院に行くことができない場合にのみ個人輸入したものを使用するようにしましょう。

まとめ

バルトレックスは、口唇ヘルペスの治療に効果的な内服薬です。ただしこの薬もヘルペス発症後できるだけ早い段階で服用を開始しなければ本来の効果が得られませんので、ヘルペスと思われる症状が出た場合は、できるだけ早く病院へ行き、バルトレックスをはじめとする治療薬を処方してもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る