ヘルペスを早く治すためにすべきこと、やってはいけないこと

ヘルペスのかさぶた剥がして大丈夫?5つの注意点

痛みや痒みなどを伴う水疱ができるヘルペスですが、回復してくると患部にかさぶたができてきます。ただしここで油断をすると、回復が遅れたり他人にうつしたりしてしまう可能性があります。ここでは、ヘルペスがかさぶたになったときに注意すべきポイントについて、詳しく紹介します。

続きを読む

ヘルペスの治療期間はどれくらい?早く完治させるためにすべきこと

口唇ヘルペスになった場合、まず気になるのが「どのくらいで治るのか」ということではないでしょうか。

この疾患は唇やその周りに特徴的な症状が出るため、少しでも早く治したいというのが本音ですよね。そこで今回は、口唇ヘルペスの治療期間について詳しく解説します。

(性器ヘルペスについてはこちら「再発する性器ヘルペスとの上手な付き合い方」)
続きを読む

【注意!】口唇ヘルペスに絆創膏はNG!?その理由とは?

ばんそうこう

口唇ヘルペスを発症した場合、症状が目立つ部分に出るため何とかこれを隠したくなりますよね。

ヘルペスの症状を隠すにはいくつかの方法が考えられますが、その一つに「絆創膏を貼る」というものがあります。
しかしこの行為、実は口唇ヘルペスを悪化させてしまう可能性があるのです。

続きを読む

口唇ヘルペスの水ぶくれは潰しても大丈夫?

口唇ヘルペスを発症すると、患部に水ぶくれ(水泡)が形成されます。口元に水ぶくれがあると見た目的にかなり目立つため、ついつい潰したくなってしまいますよね。

しかしその行為、もしかしたら口唇ヘルペスを悪化させることになるかもしれません。ここでは、口唇ヘルペスの水ぶくれを潰すリスクについて、詳しく解説します。

続きを読む

口唇ヘルペスのときは口紅やリップは禁止!?3つの注意点

口紅

口唇ヘルペスとは、唇や口の周りに小さな水ぶくれができてしまう病気です。
患部が唇周辺とあって、目立つ場所に症状が現われてしまうことは、日頃メイクが必要な女性にとっては悩みの種でしかありませんよね。

だからと言って、唇だけすっぴんで過ごすのは、顔に違和感が出るだけでなく唇の乾燥によるダメージが症状の悪化を促す可能性もあるため、注意が必要です。

そこで今日は、口唇ヘルペスになった時に使うリップクリームについて、おすすめなリップや使う際の注意点などをまとめてみました。

続きを読む

どうして治らないの?口唇ヘルペスが長引く時の対処法とは

口唇ヘルペスは、完治が難しい疾患ではあるものの、症状自体は2週間ほどで自然治癒すると言われています。

しかし、誤った自己判断や適切な処置ができなかった場合、再発を頻繁に繰り返したり、水ぶくれの痕が残ってしまうなどのリスクが生じます。

そこで今日は、口唇ヘルペスの症状が一カ月近く治らない場合の対処法について、詳しくまとめてみました。

続きを読む

ヘルペスの自然治癒をおすすめしない3つの理由

ヘルペスは、放置しておいてもほとんどのケースにおいては時間の経過に伴って自然治癒してしまいます。

そのためヘルペスを発症した方の中には「放っておけば治るだろう」と病院に行くことなく放置してしまう方もいますが、ヘルペスの自然治癒は、おすすめできません。

では、どうしてヘルペスを自然治癒させてはいけないのでしょうか。ここでは、ヘルペスの自然治癒をおすすめしない理由について詳しく解説します。

続きを読む

ヘルペスの跡(赤み・色素沈着)が消えない?対処方法とは?

口唇ヘルペスを発症すると、口唇やその周りに水ぶくれが発生し、これが潰れて潰瘍(かいよう)を形成してしまうことがあります。そうなってくると不安なのは、「患部にシミ(赤みや黒ずみ)の跡が残ってしまうのではないか」ということですよね。

唇は顔の中でもかなり目立つ部分ですので、赤みや黒ずみの跡が残ってしまうかどうか不安に思っている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ヘルペスを治療をしても跡やシミのような色素沈着が残ってしまうのか、という点について詳しく解説します。

続きを読む

【注意!】口唇ヘルペスをマスクで隠すと悪化?その理由とは

口唇ヘルペスができると、見た目が気になるということもあってマスクをつける方もいらっしゃるかと思います。

ただ、水泡ができている時にマスクをつけると、「蒸れて症状が悪化してしまうのでは!?」と不安になってしまいますよね。
では、実際のところはどうなのでしょうか。口唇ヘルペスをマスクで隠すと、症状が悪化してしまうのでしょうか?

続きを読む