ヘルペスの跡(赤み・色素沈着)が消えない?対処方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

口唇ヘルペスを発症すると、口唇やその周りに水ぶくれが発生し、これが潰れて潰瘍(かいよう)を形成してしまうことがあります。そうなってくると不安なのは、「患部にシミ(赤みや黒ずみ)の跡が残ってしまうのではないか」ということですよね。

唇は顔の中でもかなり目立つ部分ですので、赤みや黒ずみの跡が残ってしまうかどうか不安に思っている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ヘルペスを治療をしても跡やシミのような色素沈着が残ってしまうのか、という点について詳しく解説します。

口唇ヘルペスの症状について

19606797_s

口唇ヘルペスを発症した場合、時間の経過に伴って口唇やその周りに以下のような症状があらわれます。

<前駆期>

・患部やその周りがピリピリしたりムズムズしたりするなど、違和感を覚える。(再発の場合、朝起きたときに違和感を感じる方が多いです。そして鏡の前で「あ〜またかぁ・・」とため息をつきます。)
・人によっては、ほてりやかゆみを感じることもある。

<発症初期>

・皮膚にかゆみやほてりが出て、それから半日以内に患部が赤く腫れてくる。

<発症1~5日後>

・赤く腫れた患部に水ぶくれが形成される。
・水ぶくれがやがて破れ、酷い場合は患部に潰瘍が形成される。

<回復期>

・かさぶたができて治る。

口唇ヘルペスは基本的に跡がのこらない

16249227_s

上記のように口唇ヘルペスになると、患部に水ぶくれができたり潰瘍ができたりします。

そのためこの病気を発症すると「跡が残ってしまうのではないか」と不安になる方も少なくないのではないかと思います。

では、口唇ヘルペスは、治療をしたとしても跡やシミが残ってしまうのでしょうか?

口唇ヘルペスは、基本的に跡が残らない疾患です。一時的に水泡ができたりこれが潰れたりしても、かさぶたがはってこれが剥がれ落ちてしまえば、綺麗に治ってしまいます。

もちろんかさぶたが剥がれ落ちて間もない頃は皮膚に色素沈着が残っていることがありますが、時間の経過とともに改善されていきます。

皮膚のダメージが大きいと跡になることがある

基本的に跡が残ることはない口唇ヘルペスですが、皮膚へのダメージがかなり大きかった場合、患部にえぐれたような跡が残ってしまうことがあります。

これは肌の深い部分にある「真皮層」という組織にダメージが及んだことによるもので、かなり大きな跡が残ってしまったという場合、これが目立たなくなるまでには数か月~数年の期間が必要になります。

ちなみに口唇ヘルペスが跡になってしまうのは、

・抵抗力がかなり弱っている場合
・治療開始が遅れた場合
・水泡を潰してその周りにもウイルスが感染し、患部が拡大してしまった場合
・治療をせず放置した場合

などが多いようです。

跡が残った場合、どうすればいいのか

40304299_s

では、口唇ヘルペスが悪化して跡が残ってしまった場合、これを治すにはどうすればいいのでしょうか。

上述のように患部にえぐれたような跡ができると、目立たなくなるためにはかなり長い期間が必要になります。

また真皮層にかなり大きなダメージが及んだ場合、跡を完全に消すことは難しい可能性もあります。

ただし毎日のスキンケアをすることで、ヘルペスの痕を目立たなくすることは可能です。

そこでまずおすすめしたいのが、患部の保湿ケアです。
人の肌細胞はおよそ28日周期で生まれ変わっており、肌の奥深くで生成された細胞が肌表面へと送り出され、古くなった肌細胞は垢として剥がれ落ちてしまいます。

そのため肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促せば、肌がえぐれている部分が徐々に目立たなくなっていくのです。

そこで効果的になってくるのが、肌の保湿です。肌細胞に水分を補給することは肌のターンオーバーを促すのはもちろん肌のバリア機能を高めてヘルペスの再発を予防することにもつながりますので、毎日のスキンケアにおいてしっかりと保湿ケアをするようにしましょう。

保湿効果が高い成分には、

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・ビタミンC
・プラセンタ

等がありますので、化粧水を選ぶ際の参考にしてみてください。

またどうしても跡が気になってしまうという場合は、ヘルペス跡のケアと再発防止を考えて作られたサプリもありますので試してみてもいいと思います。

キレイ成分配合のヘルペス専用サプリ

患部に跡が残るのを防ぐ方法

b6ef55fdfebd5fdfc0fe25bc5fe01b88_m

では、患部に跡が残るのを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

ヘルペスは、一度跡になってしまうとこれが目立たなくなるまでにかなりの期間を要します。また最悪の場合は、一生跡が消えない、という可能性もあります。

そのため口唇ヘルペスを発症した場合は、できるだけ跡にならないようにすることが大切です。

ヘルペスが跡やシミとして残ってしまうのは主に、症状が重症化した場合です。

そしてヘルペスが重症化するのは、治療開始が遅れたり治療をしないで放置したりした場合がほとんどです。

そこでヘルペスが跡になるのと防ぐためには、できるだけ早く治療を開始するようにしましょう。

まとめ

ヘルペスの症状が出る前には、

・患部がムズムズする
・患部にほてりやかゆみを感じる
・患部がチクチクする

といった症状が出ますので、ヘルペス発症の兆候を感じた場合は患部が赤くなったり水ぶくれができたりするのを待つことなく、早めに皮膚科に行くようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る